買い替えと住宅ローンの問題 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > 買い替えと住宅ローンの問題

買い替えと住宅ローンの問題

先に売ることの重要性をお話しましたが、ここでもう1つ問題があります。

今の住まいを売って、ローンの残高を完済できるか?

ということです。
例えば今のお家の住宅ローン残高が2,000万円あるとしましょう。
しかしこの家、どうやら査定をしてみると1,600万円にしかならない。
ということは「売ってもあと400万円別に用意しないとローンが完済できない」ということになります。

このときに400万円の現金を持っていればいいのですが、なかなかそうしたお金を用意することは難しいでしょう。
もちろん、ローン残高よりも高く家が売れれば問題はないのですが。。。。

じゃあ、自己資金がない場合は買い替えをあきらめなければいけないのか?
というと、そうではありません。

買い替えローンなるものを各金融機関が用意しています。

買い替えローンとは

買い替えローンとは現在住んでいる家を売却して新しい家を購入するときにに利用するローン商品です。
現在の住宅ローンを一括で完済してしまって新たに住宅ローンを組みなおすことをいいます。

これはどういうことかと言うと先ほどの400万円足らないような場合は、次に買う新しい家のローンに400万円上乗せしてその上乗せ分で返済を行うというものです。

みずほ銀行さんの商品説明図が分かりやすいのでご紹介しておきます。
http://www.mizuhobank.co.jp/loan/housing/replacement/

新しく買う家が2,000万円だとしたら、2,400万円分のローンを借りてそれで足らない部分を返済するのです。

「なーんだ、そんな便利なものがあるのなら安心だ」と思いがちですが、この便利なローンにも注意すべきポイントがあります。
それはタイミングです。

買い替えローンは、売る家と買う家との抵当権の抹消・新規設定を同じタイミングで行わなければなりません。
よって物件の売却・購入をスムーズにおこなう必要があるのです。

例をあげると、売却したのに抵当権の処理が遅れたために売り主の債務不履行となってしまうようなケースもありえます。

そのため、金融機関や不動産業者との連携、そして各相手(売る家のほうでは買い手とのタイミング、買う家のほうでは売り手とのタイミング)との調整が極めて重要です。

特に、関係する金融機関がすべて同じところであれば調整も容易ですが、金融機関が変わると非常に手続きも煩雑になります。

便利な分使い方も制限があることを知っておいてください。

続きはコチラ→かしこく買い替えをする為に

マンション売却に役立つメールマガジン

お名前
メールアドレス
(確認のためにメールアドレスを再入力)

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。