マンション買い替えの実例 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > マンション買い替えの実例

マンション買い替えの実例 先に買ってしまうリスク

新しいマンションを買おうとして契約したTさん。
契約したはいいものの、今の家が売れないと新しいマンションのローンが組めないと金融機関から釘を刺されていました。

そこでTさんは売らなくてはいけないマンションのローン残高を確認したうえで「いくらぐらいで売れるのか?」を近所の大手の不動産屋さんに確認しました。

すると担当者が「ローン残高以上で売れるから大丈夫ですよ、あたらしい家を買っても」と言われたのです。

Tさんはその話を信じ、新しい家の契約をしました。
そして今のお家を売りに出したのです。

予想が覆る

売りに出したTさんの家。
すぐに買い手がつくと思っていたがこれがなかなか売れない。

不動産屋さんの担当者も当初の勢いはどこへやら、売れないまま時間だけが過ぎていきました。

結局売れないまま、新しい家の決済を迎えたのです。

ただ、Tさんの場合は比較的収入が多かったので、あらゆる金融機関をあたって『「今の家は早々に売る」という条件付で住宅ローンを貸してくれるところがあったのです。
どうにかこうにか決済ができました。

しかし、その後家が売れたのは半年以上後のこと。
住んでいない家に100万円近くのローンを支払ったのです。

なぜTさんは損をしなければいけなかったのか?

Tさんは先に買ってしまい、売ることに関しては正直おろそかに考えていました。
最初からしっかりと原則に従って動くことで、この方は100万円もの損失をせずにすんだはずです。

また、最初に相談した不動産屋さんにも問題がありました。

買い替えをする場合においてパートナーとなる不動産屋さん選びは極めて大事です。
この選び方を間違えると、結果大きな損失をこうむる場合があります。

反対に、ちゃんとして不動産屋さんをパートナーとして選ぶことが出来れば買い替えも安心して進めることができますよね。

次に買い替えローンの利用についてお話しします。

続きはコチラ→買い替えと住宅ローン

マンション売却に役立つメールマガジン

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。