マンション買い替えの原則 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > マンション買い替えの原則

マンションを買い替えるときの原則

不動産を買い替えのる場合の大原則はズバリ「先に売る」ことです。
「先に売ってから買う」が原則です。

もちろん潤沢に自己資金がある場合は別です
今の家も住宅ローンで買っており新しいマンションもローンで買おうと思っているのであれば特に要注意です。

なぜなら、今の家のローンといっしょに新しい家のローンは金融機関が貸してくれない可能性があるからです。

買い替えの資金計画

住宅ローンというのは、その人の収入に応じて借りられる限度額があります。

例えばその限度額が3,000万円の人がいる。
今住んでいる家のローンが1,000万円残っている。
新しく買う家は2,500万円のローンを組む必要がある。

その場合今のお住まいと新しい家との合計で3,500万円のローンを組むことになります。

しかし、この方の限度額が3,000万円なので500万円足りません。
よって自己資金500万円が用意できない限り2,500万円の新しい家は買えないのです。

実際にはこんな単純な計算ではありませんが、分かりやすく説明するとこうなります。

また、特にここ10年ぐらい長期の全額ローンで買ったお家の場合はローン残高を確認してみてください。
意外と残高が減っていないことに驚かされると思います。

よって、希望する新しい家を買うローンを組むのには、今の家を売ってしまう必要がある場合が多いのです。
また金融機関から「今のお家が売れたら、ローンをつけますよ」という条件になるのです。

ローンを利用して買い替えをする場合には、必ず金融機関によく相談して自分自身の資金計画をしっかり見極め無ければいけません。
「買い替えしたくても資金の計画で出来ない」ということもあるのです。

では次に、先に買ってしまうリスクについて事例をもとにお話しします。

続きはコチラ→実例 買い替え失敗談

マンション売却に役立つメールマガジン

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。