マンションの買い替えの失敗例 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > マンションの買い替えでよくある質問 > マンションの買い替えの失敗例

マンションの買い替えの失敗例

マンションの買い替えの失敗で多いのが「売るほうのマンションが思ったように売れない」というのが一番多いです。

不動産屋さんから「○○○○万円ぐらいで2ヶ月もあれば売れますよ」と言われて、鵜呑みにして先に買ってしまった。

しかし、実際のところはとてもその値段では売れず、もう半年になる。
そして「どうしよう、、、売れなかったら」と悩み、結果安値で売ってしまうことしかできなかったという話が多いのです。

なぜ、こうしたことが起こるのでしょう。
それは公平かつ第三者である専門家の意見を聞かなかったことです。

たいていの場合、マンションを買い替えする場合は新しく買うほうのマンションをお世話してくれた不動産屋さんに、今住んでいる家の売却もお願いします。

このとき、いい不動産屋さんだといいのですが、中には「とりあえず売れたらいいだろ、うちは買ってもらうのが仕事だ」と考える不動産屋さんもいるのです。

買い替えをする場合は売るほうのマンションがちゃんと売れるかどうかがポイントです。
確実に売るためにも、不動産屋さんにすぐに売却をお願いするのではなく、まずはマンション売却に詳しい専門家の意見を取り入れた上で、買い替えを進めていくことをオススメします。

参考サイト

マンション売却アドバイザーのホームページ


> マンションの買い替えでよくある質問


マンションの買い替えでよくある質問 目次一覧

マンション売却に役立つメールマガジン

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。