買い替えの住宅ローン問題 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > マンションの買い替えでよくある質問 > 買い替えの住宅ローン問題

買い替えの住宅ローン問題

マンションを買い替える場合に、住宅ローンは大きなポイントです。

3000万円までしか借りられる信用の無い人が買い替えをする。
売るほうのマンションの残債務が1,500万円。
買うほうのマンションが2000万円。

この場合、その人の信用として500万円足りません。
原則的に住宅ローンは一人1つまで。
なぜなら一人の人間に自宅は1つが原則なのです。

よって、例外的に2つ目の住宅ローンを借りられたとしてもこのように信用で2つ目のローンが借りられない場合はあるのです。

売っても住宅ローンを返しきれない場合

「じゃあ、今のマンションを売ればいい」とお考えになるかも知れません。
しかし、ここが難しい。

今の世の中、不動産の下落は住宅ローンの元本に減り具合とは違います。
2000万円で買ったマンション、35年ローンで7年返済してもまだ1600万円程度ローンは残ります。

そして7年の中古で1600万円で売れればいいですが、物件によっては1200万円がいいところ、という場合もあるのです。

そうなると、売っても400万円足らないということになります。

この場合、金融機関によっては「足らない分は買うほうの物件のローンに上乗せしましょう」という解決方法を提案してくれる場合もあります。

しかし、その人の信用によっては難しいということもあります。
マンションの買い替えの場合は、住宅ローンの問題が一番のポイントです。
まずは、今ローンを借りている金融機関に相談してみることをオススメします。

分かりにくい場合は、マンション売却の専門家の意見をまず聞いてみることもいいですね。


> マンションの買い替えでよくある質問


マンションの買い替えでよくある質問 目次一覧

マンション売却に役立つメールマガジン

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。