マンションの買い替えでよくある質問 - マンションの買い替えはちょっと待って!

マンションの買い替えはちょっと待って!

HOME > マンションの買い替えでよくある質問

買い替えをするときは、一度別の場所に引っ越してから売るの?

買い替えをする場合、一度別の場所や新居に移ってから住んでいたマンションを売るほうがいいのでしょうか?

実際には住みながら売ることがほとんどです。

例えば新しいマンションが来年1月に完成して、引越しは1月初旬だとします。
その場合であれば、今住んでいるマンションは早い段階から売りに出しこんな条件をつけるのです。
「引渡しは1月初旬」

ようするに、今売りに出すし、買いたい人が居れば契約もします。
ただし、引渡しは来年1月まで待ってくださいね、という条件をつけるのです。

ですので、わざわざ売る為に一旦別の賃貸などに引っ越すというのはお金も掛かるし無駄になります。

住みながらマンションを売って、引渡し時期を設定する。
これで安心してマンションの買い替えができますよ。

マンションの買い替えはどんな不動産屋さんに依頼すればいい?

マンションを買い替えする場合、不動産屋さんをどのように選べばよいのでしょうか?

基本的なつぎの2つのパターンがあります。

1、買うほうも売るほうも両方1つの不動産屋さんに依頼する。
2、買うほうと売るほうで違う不動産屋さんに依頼する。

どちらもメリットデメリットがあります。
普通に買い替えをする場合であれば、まずマンション売却を依頼する不動産屋さんを探して、その不動産屋さんがよければ購入もお願いします。

ただし、中には「先に買ってしまって、決済までに売らなくてはいけない」というパターンもあります。
この場合買うほうの不動産屋さんは先に決まってます。

依頼者のマンションが売れないと買い替えが出来ないということが多いので、買う仲介に入った不動産屋さんとしても「なんとしても売れないと商売にならない」となるので、一生懸命売るのに力を注ぐでしょう。

マンションの買い替えはその人の状況によってやり方が変わります。

関連記事

マンションの買い替えで気をつけることはありますか?

マンションを買い替える場合の住宅ローンは?

マンションを買い替える場合の住宅ローンについて説明します。
まず、売るマンションと買うマンションの住宅ローンは別物です。

よって、売る方の住宅ローンを買うほうに引き継ぐことは原則できません。

「売ってローンを返して、買うときに新しいローンを借りる」これが大原則です。
この住宅ローンですが、売るマンションと買うマンションのローンが同じ銀行であれば話は結構スムーズです。
しかし銀行が変わると、銀行としても「ほんとうに売れているのか?貸しても大丈夫か?」ということに慎重になり手間がかかります。

とくに問題なければ、売るマンションで住宅ローンを借りていた銀行で、買うほうの住宅ローンも借りるほうがいいですよ。

マンションの買い替えをしないほうがいい場合

マンションの買い替えをしたいと相談があっても、「それはやめた方がいいですよ」ということは多々あります。

一番の問題はマンション買い替えのための資金計画です。
特に「買い替えをすれば支払が楽になる」とお考えの場合です。

この場合、買い替えをすることもあります。
しかし、住宅ローンの借り換えという選択肢もあるのです。

買い替えをする目的は何か?
それによっては買い替えをオススメできない場合もあるのです。
マンションの買い替えのリスクについても知っておいてくださいね。

買い替えにはどのくらいの時間が掛かりますか?

買い替えに要する時間について、一番問題となるのは「売りに出したほうのマンションが売れるまでの時間」です。
早く売れる目処が立てば、安心ですがこれがなかなか売れないと不安です。

また、買うマンションのほうの決済時期とも関係します。
買い替えの場合はただ売るときよりも時間の制約がつきもの。
最初にカチッとしたスケジュールを考えておいた上で行動を開始しましょう。

マンションの買い替えで気をつけることはありますか?

マンション・不動産の買い替えをする場合に一番気をつけておくことは資金計画です。
そして、常に「最悪の場合」を想定しておきましょう。

買うほうの契約は終わっている。
しかしまだ売るほうのマンションが売れていない。
売れないままで、買うほうの決済時期が来てもローンが大丈夫か?
資金計画に問題はないか?

まずは資金計画です、金融機関や不動産業者ともよく相談しておきましょう。
マンションの住み替えの注意点も参考にしてみてください。

マンションの買い替えは売るのが先?買うのが先?

マンションの買い替えを行う場合「売るのが先?」「買うのが先?」どちらがいいかという質問を非常に多くいただきます。
状況により異なりますが、原則的には「売るほうを先行したほうがいい」でしょう。

買うことは比較的自分のテンポで進めていく事ができる反面、売る場合は必ず買い手のテンポに合わせる必要がでてきます。
理想的に言えば、売りに出して買主の目処がついたところで買うのがいいですね。


《 前 1 2 3


マンションの買い替えでよくある質問 目次一覧

マンション売却に役立つメールマガジン

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。メールマガジン発行者以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop



HOME - マンションの買い替えでよくある質問

買い替えとは - マンション買い替えの原則 - 買い替え失敗例 - 住宅ローンと買い替え - 買い替え成功の第一歩とは? - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。